年齢問わず人気|タクシー運転手として大活躍【好条件の求人を見つけて応募する】

注目の職業!タクシー会社の面接について学ぶ

老若男女問わず働けるのがタクシー会社の魅力

タクシー会社の魅力は、誰にでも働きやすい点にあります。女性でも問題なく働いていけますし、高齢の方が新規雇用されて正社員になるケースも珍しくはありません。中には50歳を超えてから中途入社してくる人もいます。これは、一般の会社ではまず考えられないことです。こうなっている理由は明白です。タクシー運転手という仕事が、特別な資格を持った人にしかできないものだからです。二種免許を持っている人しかできない仕事なので、性別や年齢による不利も少なくなっています。

タクシー会社に求人応募するときに着目すべきポイント【重要度順】

no.1

研修制度がどの程度充実しているかが大注目

元々違う業界で働いていて、何らかの理由があってこの業界に入ってくる人が多いです。初めてタクシー業界で働くなら、しっかりと研修をしてもらいたいものですよね。右も左も分からない状態で公道には出られませんから、必ずきちんとした研修をしてくれる会社かどうかはチェックしておきましょう。未経験者歓迎と書いてある求人の場合は、初心者研修が充実している可能性大です。

no.2

給与保証の額がどのぐらいか

最近のタクシー会社は、多くが固定給プラス歩合給というスタイルを採用しています。最低限の月収は保証して、その上で各自が売上を伸ばして上積みしていくというシステムですね。この最低限の固定給の額にも注目しておきましょう。運が悪いと、それがそのまま月収額となるからです。固定給が15万ほどもあれば最低でも生活はしていけるため、精神的にも安心して働くことができます。

no.3

業界内でどの程度評価されているのか

ネット上を少し調べてみれば、評判のいいタクシー会社もあれば、そうでないタクシー会社もあることが分かります。できるだけ評判のいい会社に就職をするようにしましょう。中には悪質な業者もありますから、そうしたものに引っかからないようにすることが重要です。

年齢問わず人気

TAXI

タクシーの運転手にも種類がある

一口にタクシー運転手と言っても、会社に雇用されている人と、個人で営業をしている人の二種類に分かれます。どちらがいいとは一概には言えませんが、一般的に雇われの人は、経験を積んで独立することを夢見るケースが多いですね。個人で営業ができれば、リスクも増えますがリターンも増やすことができるからです。利益が独り占めできるので、上手くすれば雇われていた時代よりも多くの収入を得ることも可能になります。ただし、個人タクシーを始めるにはまず雇われで10年の経験を積まなければいけません。

「電話面接」と「出張面接」というものもある!

タクシー会社の面接は、一年中受け付けられているのが普通です。新卒一括採用のように、一年に一度しかチャンスがないわけではありません。基本的にはほとんどすべての人が、中途採用をされて正社員になっていくという稀有な業界になっています。また、面接も一種類だけではありません。電話面接と言って電話のみで面接が済ませられることもあれば、出張面接と言って面接官が自宅までやってきてくれることもあります。こうしたシステムがあれば、地方から別の地域への会社を狙うということもしやすくなります。

タクシー会社の面接を受けるときのコツ

タクシー会社の面接では、第一印象が重要になります。タクシードライバーは何と言っても客商売なわけですから、第一印象で合否のほとんどが決まると言っても過言ではないぐらいです。きちんと身なりを整えて清潔感や誠実さが感じられるようにしておくのがコツです。会社の看板を背負って営業するわけですから、面接官はまずこの部分を厳しくチェックします。基本的に二種免許を持っていれば仕事はこなせるため、一般の会社のように能力的なことが問われるパターンは少ないです。

広告募集中