タクシー運転手の仕事|タクシー運転手として大活躍【好条件の求人を見つけて応募する】

求人に応募する前に知っておきたい情報!タクシー運転手に一歩前進

女性タクシー運転手も増加傾向にある

昔はタクシー運転手というと男性ばかりで、女性はほとんど存在していませんでした。しかし、男女平等が強く叫ばれる世の中になってきたこともあってか、女性のタクシー業界への進出も近年では珍しいことではなくなってきています。そのため、何気なくタクシーを利用したら、運転手さんが女性だったという経験は誰にでもあるのではないでしょうか。

意外と知られていないタクシー運転手の3つの仕事内容

ツアーコンダクターのようなことをする機会も多い

タクシー運転手と言っても、ただ単に車の運転だけしていればいいわけではありません。たとえば一日タクシーを貸し切って観光をする人たちも多いですが、そうした人たちを担当するときには、ほとんどツアーコンダクターのようなことをする必要が出てきます。おすすめの観光スポットを紹介したり、ガイドさんのように観光スポットの説明をすることもありますね。

安全度を高めるために毎日行う地味な業務もある

人を乗せて車を運転するときには、何よりも安全が重要視されます。ですから、タクシー運転手も毎日車体のチェックをしているものです。大手タクシー会社なら専門の整備士さんを雇っているケースも多いですが、それでも自分の目できちんと問題がないかの確認は必要です。地味な作業になりますが、これにも相当な時間をかけて行います。

地理の勉強やトラブル時の対処法の勉強も仕事のうち

地理の勉強も、タクシー運転手の仕事の一つです。ずっと車を運転しているわけではなくて、会社の中で地理について勉強をすることもあります。また、トラブルが起こったときの正しい対処の仕方も、頻繁に確認をしていくこととなります。ですから、勉強が苦手だとは言っていられないわけですね。正しい応急処置の方法はもちろん、最低限の病気の知識等を勉強することもあります。

タクシー運転手の仕事

タクシー

他業種と少し異なるタクシー業界の給与形態

タクシー業界には、歩合制を採用している会社が多いです。歩合制というのは、その日の売上によって運転手の給与も変わってくるという仕組みです。たくさんお客さんを捕まえて高い売上を上げられれば、その分給与も増えます。ですから、逆に売上が伸ばせないなら、給与は低くなってしまうわけですね。ただ、タクシー業界には、最低限の給与がいくらなのかという下限が設けられていることが多いです。お客さんをほとんど乗せることができなくても、サボっているわけではないなら、最低限の月収を保証してくれます。完全固定給と完全歩合給のちょうど中間のような珍しい給与形態になっています。

これって必須!?コミュニケーション能力や地理の知識

コミュニケーション能力も地理の知識も、タクシー運転手は持っていなければいけません。特に地理の知識は、東京や大阪、神奈川などの一部指定都市で働く場合には必須になります。地理試験に合格をした人でなければ営業ができないと決まっているからです。また、指定地域以外の場所なら地理試験に合格をしている必要はありませんが、業務をスムーズに遂行していくためにはどうしても必要になります。あくまでサービス業なので、コミュニケーション能力も高めて、顧客満足度の追求をしなければいけません。

将来独立を目指している人にもピッタリ

二種免許を取得してタクシー会社の求人に応募し、無事タクシー運転手として働くことができたなら、将来的に独立するルートも見えてきますね。タクシー運転手として10年の経験を積めば、個人タクシーの経営ができるようになります。個人タクシーなら、会社組織に属さずに自由に営業することができるので、もしかすると大きな年収を稼げるかもしれません。会社の後ろ盾がなくなるので、固定給はゼロになりますが、経費以外の売上はすべて自分のものとすることができます。

広告募集中